27年度「SW住宅等推進モデル事業」7件を選定

国土交通省は8日、平成27年度「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業(一般部門)」の選定結果を発表した。

同事業は、高齢者、障害者または子育て世帯の居住の安定確保および健康の維持・増進に資する事業の提案を公募し、予算の範囲内で国が事業実施に要する費用の一部を補助するもの。

一般部門は、25件の応募があった。
学識経験者からなる評価委員会が審査・評価。
その結果をもとに、「住み替え循環の促進による郊外住宅地再生プロジェクト」(相鉄不動産(株))など6件を選定した。

また、「みんなの有益性を生かした総合福祉事業」(社会福祉法人瑞祥会)を、条件付きで選定した。

国土交通省調べ

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中