「不動産流通実務検定」、600点以上の人材に注目集まる/不動産流通推進センター調査

(公財)不動産流通推進センターは14日、2015年6月以降、3回開催している「不動産流通実務検定」の実施状況や反響について報告した。

 不動産流通業界で必要な能力を客観的に評価するための検定制度。
ネット環境のあるパソコン等で受検でき、100問を150分で解答するもの。
1,000満点で、受検後にその点数と★5つを最高としたランク付けを即時表示している。
科目は重要事項説明、取引の安全確保、価格査定など8項目。これまでの受検者数は3,000人を超える(再度受検者含む)。

 直近である第3回目(16年6月20~22日)の受検者数は1,051人で、その約8割が宅地建物取引士。
平均点数は479点、最高点数は719点。
400点以上の人のうち、400点台が338人、500点台が365人、600点台が85人、700点台が1人。
 大手不動産流通会社を中心に法人利用での活用が進んでおり、600点以上は「中途採用の際に大きな評価に値する」「社員評価につなげたい」などのコメントが寄せられているという。

 今後はさらなる認知度を高めて、中小企業での活用を促進していきたい考え。第4回目は11月に開催する予定。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中