マンション管理業者への立入検査、是正指導率がやや改善/国交省

国土交通省は15日、2015年度「マンション管理業者への全国一斉立入検査」の結果を公表した。
同省の各地方整備局および北海道開発局、内閣府沖縄総合事務所において全国135社を抽出。
15年10月以降の約3ヵ月間で事務所等への立入検査を実施した。

 「管理業務主任者の設置」、「重要事項の説明等」、「契約成立時の書面交付」、「財産の分別管理」、「管理業務の報告」の5つの重要事項を中心に検査を実施し、135社中51社に対して是正指導を行なった。
指導率は37.8%(前年度比2.5ポイント低下)となった。
是正指導率は下がったものの、管理組合財産の分別管理方法等の改正を盛り込んだ09年5月の省令改正の内容については理解不足が見られた。

 指導内容の内訳は、管理業務主任者の設置が2社(制度改正にかかる違反を除いた場合2社)、重要事項の説明等が39社(同19社)、契約成立時の書面交付が27社(同24社)、財産の分別管理が20社(同3社)、管理事務の報告が22社(同22社)となった。

 複数の事項で重複して是正指導を受けた業者が多かったことから、管理業務主任者の設置以外の事項で指導率が増加。
是正指導を行なった業者に対しては、今後引き続き法令順守への指導を行なっていく。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中