まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業を採択/国交省

国土交通省は9日、「平成28年度まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」の採択結果を公表した。

 同事業では、低炭素社会の実現に向けて、まち・住まい・交通の一体的な創蓄省エネルギー化を推進するため、地方公共団体、民間事業者等による先導的な構想について、提案を募集し、構想策定を支援する。

 今回は、応募期間6月6日~7月22日に応募のあった提案内容について、外部有識者により構成された審査会において審査を実施。岩手県陸前高田市((一社)持続可能な地域社会作りイノベーション研究所)、富山県黒部市(川端鐵工(株))、岡山県玉野市(宇野港土地(株))、長崎県西海市(西海市)、長崎県対馬市(対馬市)の5件を採択した。

 今後は、有識者や同省関係部局等による現地調査、課題の抽出、解決策の検討等を通じて、モデル構想策定の支援を行なっていく。

国土交通省

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中