注文戸建ての顧客実態調査、借入金年収倍率がじわり上昇/住団連調査

(一社)住宅生産団体連合会は8日、2015年度「戸建注文住宅の顧客実態調査」の結果を公表した。
三大都市圏および札幌市、仙台市、広島市、福岡市、静岡市の地方都市圏を対象に調査を実施。
有効回答数は4,182件。

 注文住宅を新築するに当たっての土地の取得状況については、「建て替え(新たな土地取得はしない)」が27.7%(前年比1.9ポイント低下)、「買い替え」が5.6%(0.9ポイント低下)、「土地購入」が53.1%(同3.0ポイント上昇)、「新たに借地」が0.4%(同0.1ポイント低下)、「親の土地/相続」が11.5%(同0.2ポイント低下)となった。

 長期優良住宅の建築割合は、79.7%(同7.8ポイント上昇)と、8割に迫った。
都市圏別の長期優良住宅の割合をみると、東京圏が70%、名古屋圏は87.2%、大阪圏は84.4%、地方都市圏は81.9%と東京圏の低さが目立つ。

 住宅取得費の平均は全体で4,671万円(同2.5%上昇)。
内訳は、建築費が3,370万円、土地代が1,301万円で、共に前年よりも上昇している。
住宅取得費年収倍率は6.1倍となり、前年と同水準となっており、09年度以降6倍前後で推移している。
また、借入金の年収倍率は4.3倍で、前年よりも0.1ポイント上昇。13年以降にじわり倍率が上昇している。

(一社)住宅生産団体連合会

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中