賃貸不動産管理士の重要性をPRするシンポジウム

(一社)賃貸不動産経営管理士協議会(会長:末永照雄氏、(公財)日本賃貸住宅管理協会会長)は4月27日、文京シビックホール(東京都文京区)にてシンポジウムを開催する。

 2007年の設立から10年を迎え、同協議会認定資格である「賃貸不動産経営管理士」の累計合格者は5万名を超えた。賃貸不動産経営管理士の国家資格化に向け、賃貸不動産管理の重要性を周知・啓発する目的で開催する。

 第1部は、「寛容社会 多文化共生のために<賃貸住宅>ができること」をテーマに、LIFULL HOME’S総研所長の島原万丈氏が基調講演を実施。第2部では、「豊かな賃貸ライフを実現する次世代の賃貸住宅管理業。~賃貸不動産経営管理士が担う役割と将来像~」をテーマに、賃貸不動産管理事業者5名によるパネルディスカッションを行なう。

 日時は4月27日(金)13~16時(開場12時)、場所は文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)。定員は1,800名、26日(月)から日経アドネット(http://esf.nikkei.co.jp/e/20180427)で受け付け開始。締め切りは4月20日(金)まで。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中