単身者向け賃貸物件のNOI率は75.11%

IREM JAPANはこのほど、第6回「全国賃貸住宅実態調査」結果を発表した。

 同調査は、不動産物件の収入を計る尺度である「NOI(営業純利益)率」(=100%-<空室率+運営費率>)を把握するとともに、普及のための基礎資料とすることを目的に行なっているもの。対象は、全国の賃貸物件所有者および管理会社。実施期間は、2016年6~11月末日。2万7,421件(12万885戸)の回答を得て、うち有効回答数は2万6,652件(11万9,104戸)。

 単身者向け物件NOI率は75.11%(空室率1.73%、運営費率23.34%)で、前年と比較して1.9ポイントの上昇。全国平均と比べてNOI率が高い都道府県は、大阪府と熊本県。NOI平均は5万419円(同1,792円増)。

 ファミリー向け物件NOI率は74.60%(空室率2.26%、運営費率24.35%)で、2.5ポイントの上昇。全国平均と比べてNOI率が高い都道府県は、東京都のみ。NOI平均は6万3,705円(同4,311円増)。

 今回の調査について、国土交通省土地・建設産業局不動産市場整備課長の横山征成氏は「現在、同省を挙げて推進している20の生産性革命のプロジェクトの一つとして、『不動産最適活用の促進』に取り組んでいる。そのためには、不動産情報の充実・活用拡大が重要であり、賃貸住宅の情報を収集し、NOI率を広く公開することは、これに寄与するものと期待している」とコメントした。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中