マンションの修繕積立金、経年で上昇

(公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は25日、2017年度の「首都圏中古マンションの管理費・修繕積立金」に関する調査結果を公表した。

 同年度に東日本レインズを通して成約した首都圏中古マンションの月額管理費は、1平方メートル当たり188円(1戸当たり1万2,086円)。修繕積立金は1平方メートル当たり156円(同1万13円)。合計で1平方メートル当たり344円(同2万2,099円)となった。

 都県別の1平方メートル当たり管理費は、東京都217円(同1万2,961円)、神奈川県174円(同1万1,661円)、埼玉県154円(同1万487円)、千葉県146円(同1万744円)。修繕積立金は東京都160円(同9,570円)、神奈川県158円(同1万610円)、埼玉県145円(同9,872円)、千葉県147円(同1万827円)となった。

 1平方メートル当たりの年間管理費は、成約1平方メートル単価の0.45%、年間修繕積立金は0.37%。1平方メートル当たり修繕積立金は、経年するごとに上昇していく傾向にあり、築10年以内の成約事例での128円に対し、築11~20年では158円、築21~30年では172円、築30年超は182円となっている。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中