原嶋和利理事長を再任/全日が総会

(公社)全日本不動産協会、(公社)不動産保証協会は19日、ホテルニューオータニ東京(東京都千代田区)にて定時総会を開催。2018年度の事業報告・収支決算、19年度事業計画・収支予算等を報告したほか、改選期にあたり役員改選を実施した。

 両協会理事長の原嶋和利氏は、冒頭、「国土交通省から今後の不動産業の在り方を示した『不動産業ビジョン2030』が発表されたが、このたび当協会でも『中長期ビジョン』を策定した。ビジョンに基づいた具体的なアクションプランも付した。既存住宅流通活性化、所有者不明土地問題、テクノロジーの進化など、山積する課題にも対応していきたい」などと語った。

 また、役員改選で選ばれた新理事の互選により、現職の原嶋氏の理事長再任が決まった。原嶋氏は「新たな令和の時代を切り開いていく。さまざまな難局も待ち構えているだろうが、“全日は一つ”という思いで進んでいきたい」と抱負を述べた。

 19年度の事業計画では、組織増強を重要事項と位置付け、会員の経営環境サポートなど、会員支援事業部門の強化を進める。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中