令和元年度補正、災害の復旧・復興に1兆2,634億円

令和元年度補正予算案が13日、閣議決定した。予算規模は1兆2,634億円。

 「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」が2019年12月5日に閣議決定され、取り組む施策として掲げられた「I.災害からの復旧・復興と安全・安心の確保」に1兆1,252億円を計上。防災・減災、国土強靱化の強力な推進において、浸水対策を総合的に実施する市街地再開発事業への支援に60億円充てた。

 そのほか「II.経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援」に103億円を、「III.未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上」に1,279億円を計上。「III.」では子育てしやすい生活環境の整備として、子育てフレンドリーで安全な都市の実現に116億8,000万円を盛り込んだ。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中