管理適正評価に向け中間とりまとめ案、意見募集

(一社)マンション管理業協会を事務局とする「マンション管理適正評価研究会」は24日、同研究会の「中間とりまとめ(案)」についての意見募集を開始した。

 2019年9月から12月にかけて、計4回の会合を実施。マンションの管理に係る情報開示の必要性や、管理の質が市場価格・ 取引価格に反映される必要性、管理に係る情報および評価の基準に ついて検討してきた。第4回の中間報告では、「マンション管理に係る等級評価の基準」や、「管理に係る情報開示の必要性」について検討してきた内容を総括。そこでの議論を踏まえ、中間とりまとめ(案)にまとめた。

 同とりまとめ(案)では、「管理情報開示の必要性」や、「管理に係る情報及び評価の基準」で項目の設定の考え方や項目別配点の考え方を示唆。専門家の活用や定期的な見直しなど今後の活用の留意点を挙げた。さらに管理の適切性が市場で評価される仕組みや管理の適正化の誘導のための提案もしている。

 同とりまとめ(案)と、意見提出方法は、同協会ホームページを参照。募集期間は、2月7日12時まで。集まった意見も参考に内容を見直し、3月下旬にかけて最終報告書(案)を作成する。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中