5月の首都圏マンション発売、コロナ禍で過去最少を更新

(株)不動産経済研究所は18日、2020年5月度の首都圏マンション市場動向を発表した。

 同月の発売戸数は393戸(前年同月比82.2%減)。コロナ禍で再び激減となり、過去最少の供給戸数を更新した。契約率は72.3%(同12.3ポイント上昇)となり、3ヵ月連続で70%台。

 1戸当たりの平均価格は6,485万円(同6.4%上昇)、1平方メートル当たり単価は108万4,000円(同21.3%上昇)だった。

 即日完売物件はなく、月末時点の販売在庫数は7,773戸で、前月末から22戸減少した。なお、6月の販売戸数は1,000戸を見込む。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中