首都圏既存マンション、3ヵ月ぶり成約減

(公財)東日本不動産流通機構は15日、2020年12月の首都圏不動産流通市場動向を発表した。

 同月の首都圏中古(既存)マンション成約件数は2,533件(前年同月比9.9%減)と、3ヵ月ぶりに前年を下回った。都県別では、東京都1,280件(同14.3%減)、埼玉県318件(同4.2%減)、千葉県291件(同13.1%減)、神奈川県644件(同0.8%減)と各エリアで減少した。

 1平方メートル当たりの成約単価は57万5,300円(同4.8%上昇)、平均成約価格は3,739万円(同5.3%上昇)。成約単価は8ヵ月連続、成約価格は7ヵ月連続の上昇となった。新規登録件数は1万2,125件(同18.5%減)と16ヵ月連続で前年同月を下回った。在庫件数は3万8,173件(同18.9%減)と13ヵ月連続の減少。

 また、既存戸建ての成約件数は1,092件(同9.3%増)となり、6ヵ月連続の増加。平均成約価格は3,448万円(同10.7%上昇)と、2ケタ上昇を記録した。

既存マンション成約価格、7ヵ月連続の上昇

(公財)不動産流通推進センターは15日、全国の指定流通機構における2020年12月の既存住宅の成約動向を発表した。

 既存マンションの成約価格は2,966万円(前年同月比5.90%上昇)、平方メートル単価は44万3,100円(同5.01%上昇)、専有面積は67.81平方メートル(同0.67%上昇)といずれも7ヵ月連続で上昇した。築年数は23.70年(同2.76%上昇)で4ヵ月連続のプラス。成約件数は4,946件(同11.30%下落)と3ヵ月ぶりにマイナスに転じた。

 既存戸建住宅の成約価格は2,449万円(同8.92%上昇)と6ヵ月連続で増加。建物面積は113.63平方メートル(同0.26%下落)と2ヵ月連続、土地面積は192.35平方メートル(同4.76%下落)と3ヵ月連続の減少となった。築年数は25.65年(同0.29%上昇)と5ヵ月ぶりのプラスとなり、成約件数は2,892件(同4.77%下落)と5ヵ月ぶりにマイナスに転じた。

マンション管理士試験、972名が合格

(公財)マンション管理センターは15日、「令和2年度マンション管理士試験」の結果を発表した。

 同試験は、2020年11月29日、全国8試験地(札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市およびこれらの周辺地域)の13会場で実施。受験者数1万2,198名のうち972名が合格した。合格率は8.0%。

 合格最低点は、50問中36問以上正解(試験の一部免除者は45問中31問以上正解)。合格者の平均年齢は48.4歳で、最高齢は85歳だった。