大型ファミリー向きマンションの家賃が上昇傾向

アットホーム(株)は27日、同社の不動産情報ネットワークにおける「全国主要都市の『賃貸マンション・アパート』募集家賃動向」(2021年7月)を発表した。入居者が1ヵ月に支払う「賃料+管理費・共益費等」を「家賃」と定義して調査。調査対象は首都圏(東京23区、都下、神奈川県、埼玉県、千葉県)、仙台市、名古屋市、大阪市、福岡市の9エリア。

 賃貸マンションの平均募集家賃の前年同月比上昇率トップは、30平方メートル以下(シングル向き)が「福岡市」(前年同月比3.0%上昇、平均家賃4万9,960円)、30~50平方メートル(カップル向き)が「神奈川県」(同1.9%上昇、同8万8,943円)、50~70平方メートル(ファミリー向き)が「千葉県」(同3.1%上昇、同9万3,040円)、70平方メートル超(大型ファミリー向き)が「神奈川県」(同15.2%上昇、同19万7,303円)。

 シングル向きは6エリアで前年同月を下回った。一方、大型ファミリー向きは、6エリアが前年同月を上回り、神奈川県と埼玉県では15年1月以来の最高値を更新した。

 賃貸アパートの上昇率トップは、シングル向きが「福岡市」(同4.2%上昇、同3万9,328円)、カップル向きが「千葉県」(同3.2%上昇、同6万2,000円)、ファミリー向きが「都下」(同2.8%上昇、同9万1,445円)。

 首都圏での上昇が続いており、都下、神奈川県、埼玉県、千葉県は全面積帯で前年同月を上回った。また、カップル向きの上昇も目立っており、東京23区、神奈川県、千葉県で過去最高値を更新した。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中