第2回省CO2先導事業、12件を採択/国交省

国土交通省は15日、「令和3年度サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の第2回公募において12件を採択した。

 省エネ・省CO2に係る先導的な技術を導入した住宅・建築物のリーディングプロジェクトであり、国が建築工事費等の一部を支援している。

 9月1日~10月13日に募集した結果、一般部門10件、中小規模建築物部門4件の応募があった。国立研究開発法人建築研究所が設置した学識経験者からなる評価委員会による評価結果を経て決定。一般部門では、「(仮称)淀屋橋プロジェクト」(代表提案者:中央日本土地建物(株))等8件、中小規模建築物部門では、「(仮)IIC/IIK 堺事務所 新築工事」(同:(株)IHIインフラシステム)等、4件の採択プロジェクトを決定した。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中