不動産コンサル試験、合格率は37.9%

(公財)不動産流通推進センターは14日、2021年11月14日に実施した令和3年度「不動産コンサルティング技能試験」の合格者等を発表した。

 同試験は全国12会場で実施。1,170人が受験し、444人が合格した。合格率は37.9%。

 合格ラインは、択一式試験と記述式試験の合計200点満点中110点以上。

 合格者の受験番号は、同センターホームページに掲載している。

マンション管理士試験、1,238人が合格

(公財)マンション管理センターは14日、「令和3年度マンション管理士試験」の結果を発表した。

 同試験は2021年11月28日、全国8試験地14会場で実施した。受験者は1万2,520人のうち1,238人が合格した。合格率は9.9%。

 合格最低点は50問中38点以上正解(試験の一部免除者は45問中33問正解)。合格者平均年齢は47.7歳、最高齢は82歳だった。

首都圏既存M成約件数、6ヵ月ぶりに前年比増

(公財)東日本不動産流通機構は14日、2021年12月の首都圏不動産流通市場動向を発表した。

 同月の首都圏中古(既存)マンション成約件数は2,881件(前年同月比13.7%増)と大幅に増加。6ヵ月ぶりに前年同月を上回った。都県別では、東京都1,521件(同18.8%増)、埼玉県333件(同4.7%増)、千葉県348件(同19.6%増)、神奈川県679件(同5.4%増)。全都県で増加したことに加え、数の多い東京都が大幅に増加したことで、全体の増加につながった。東京都は7ヵ月ぶり、神奈川県は6ヵ月ぶり、埼玉県は2ヵ月ぶりに増加し、千葉県は2ヵ月連続の増加となった。

 1平方メートル当たりの成約単価は64万1,700円(同11.6%上昇)となり、20ヵ月連続の上昇。前月と比べても5%超上昇した。平均成約価格は4,116万円(同10.1%上昇)と、19ヵ月連続上昇。新規登録件数は1万3,111件(同8.1%増)と2ヵ月連続の増加。在庫件数は3万5,718件(同6.4%減)で、25ヵ月連続で減少した。

 既存戸建ての成約件数は、1,157件(同7.1%増)となり、5ヵ月ぶりに増加。12月としては1990年の同機構発足以来最多となった。平均成約価格は3,564万円(同2.9%上昇)となり、上昇が14ヵ月で続いている。

既存マンション成約価格、19ヵ月連続プラス

(公財)不動産流通推進センターは14日、全国の指定流通機構における2021年12月の既存住宅の成約動向を公表した。

 既存マンション成約価格は3,299万円(前年同月比11.24%上昇)、1平方メートル単価は49万6,900円(同12.16%上昇)と、共に19ヵ月連続でプラスとなった。専有面積は67.31平方メートル(同0.73%減)と7ヵ月連続のマイナス。築年数は23.84年(同0.61%上昇)と7ヵ月連続のプラス。成約件数は5,317件(同7.50%増)と6ヵ月ぶりにプラスとなった。

 既存戸建住宅の成約価格は2,532万円(同3.38%上昇)と、18ヵ月連続でプラスとなった。建物面積は109.90平方メートル(同3.28%減)と14ヵ月連続のマイナス。土地面積は193.45平方メートル(同0.57%増)、築年数は25.82年(同0.69%増)と、共に2ヵ月連続のプラス。成約件数は3,068件(同6.09%増)と6ヵ月ぶりにプラスに転じた。

「スマート申込」の連携保証会社、37社に

アットホーム(株)は14日、賃貸物件の入居申込をオンライン上で行なえる「スマート申込」において、新たに1社の家賃債務保証会社と連携したと発表した。

 「スマート申込」は、ユーザーがオンライン上の専用フォームに必要な情報を入力するだけで入居申込が行なえるサービス。家賃債務保証会社とデータ連携することで、円滑な審査手続きも実現している。

 新たに連携した家賃債務保証会社は(株)あんしん保証(東京都品川区、代表取締役:雨坂 甲氏)。今回の連携により、12月末時点での連携実績は全37社となった。