4月のフラット35最頻金利、3ヵ月連続で上昇

(独)住宅金融支援機構は1日、取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の4月の適用金利を発表した。

 借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は、年1.440%(前月比0.010%上昇)~2.540%(同0.190%上昇)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は年1.440%(同0.010%上昇)と、3ヵ月連続で上昇した。

 借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、年1.310%(同変動なし)~2.410%(同0.180%上昇)。最頻金利は年1.310%(同変動なし)となった。

 また、フラット50(買取型)の金利は、融資率9割以下の場合年1.920~2.390%、9割超の場合年2.180~2.650%。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中