不動産取引での書面電子化をテーマに講演会

(一財)不動産適正取引推進機構は、不動産取引の電子化をテーマにした講演会をオンデマンド配信する。配信期間は7月4~29日。

 昨年、デジタル社会形成整備法が公布され、民間手続の際の押印不要化や電磁的方法による書面交付等の見直しが行なわれた。整備法施行に伴い、5月18日には宅建業法の改正規定を含むその一部政令が施行されている。講演会ではそれらの改正点等を解説する。

 第一部では「宅建業法改正による書面の電子化開始とIT重説の運用」について、国土交通省不動産・建設経済局不動産業課不動産政策企画官の金子 佐和子氏が解説。第2部では「デジタル改革関連法による法律の押印・書面手続きの見直し」について、海谷・江口・池田法律事務所弁護士の江口正夫氏が民法、借地借家法における改正点等についても講演する。それぞれ講演時間は約45分。 聴講料は1人5,500円(税込み)で、定員は200人。申込期限は7月14日。申し込みは同機構のホームページより。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中