大手50社の建設工事受注、3ヵ月ぶりに増加

国土交通省はこのほど、4月の「建設工事受注動態統計調査(大手50社)」結果を公表した。

 4月の受注総額は9,462億円(前年同月比30.5%増)と3ヵ月ぶりに増加した。

 民間工事は6,623億円(同33.4%増)と前月の減少から反転上昇。発注者別では、不動産業、製造業、サービス業等が増加した。工事種類別では建築が増加し、土木が減少。宿泊施設、発電所等が増加した。

 公共工事は2,268億円(同32.5%増)と、5ヵ月ぶりに増加。国の機関は同51.1%増、地方の機関は3.5%増といずれも増加した。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中