新設住宅着工戸数、15ヵ月ぶりに減少

国土交通省は30日、2022年5月の建築着工統計を発表した。

 新設住宅着工戸数は6万7,193戸(前年同月比4.3%減)と15ヵ月ぶりに減少した。新設住宅着工床面積は556万4,000平方メートル(同4.9%減)と14カ月ぶりの減少。季節調整済年率換算値は82万8,000戸(前月比6.5%減)と2ヵ月連続で減少した。

 利用関係別では、持家が2万1,307戸(前年同月比6.9%減)と6ヵ月連続で減少した。貸家は2万5,942戸(同3.5%増)と15ヵ月連続の増加。分譲住宅は1万9,595戸(同8.5%減)と4ヵ月ぶりに減少した。そのうちマンションは7,569戸(同19.9%減)、一戸建て住宅は1万1,905戸(同0.9%増)。

 三大都市圏では、首都圏が総戸数2万3,282戸(同9.8%減)。内訳は持家4,422戸(同12.1%減)、貸家1万145戸(同1.9%減)、分譲8,665戸(同16.0%減)。中部圏は総戸数7,864戸(同0.7%減)、うち持家3,154戸(同0.7%減)、貸家2,362戸(同9.2%減)、分譲2,281戸(同7.1%増)。近畿圏は総戸数9,691戸(同5.6%減)、うち持家2,528戸(同10.8%減)、貸家4,228戸(同11.1%増)、分譲2,887戸(同10.6%減)となった。

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中