床下点検ロボ普及へ認定資格を全国展開

(一社)住宅産業先端技術革新協議会(会長:大堀正幸氏)は、「床下点検ロボット」を用いた床下点検を行なう技術者の認定資格「床下点検技術者資格」の全国普及に向け、同資格試験の運営団体募集説明会を、12月17日に開く。

 同団体は、住宅産業に関わる施工や点検業務等をより安全・効率的に実施するため、最新の IT 技術等の活用研究と先端技術を活用できる人材育成に取り組むことを目的に、リフォーム事業者、瑕疵保険法人、不動産流通会社、シロアリ駆除会社などをメンバーに10月に発足。まず、床下点検ロボットの普及に向けた認定資格を立ち上げた。

 インスペクションや既存住宅状況調査の普及、長期優良住宅の点検増加等で、床下点検のニーズが高まる一方で、狭い空間での作業が強いられることや専門技術や知識が必要なことから、床下点検技術者が慢性的に不足している。これを補うために、小型の床下点検ロボットが開発されたが、その操作には専門知識が必要なことから、それらの知識を持った人材を認定し、ロボットによる業務効率化と床下点検率の向上、ひいては既存住宅の長寿命化に貢献するのが狙い。

 認定資格は、同協議会が定める指定講習を受講し、床下点検ロボットを正確に操作することができることと、ロボットにより収集した情報をもとに、床下の状況を分析し異常箇所に対する適切な対策、将来に向けた家屋保全のための予防策を講じるための知識を問うもの。試験会場に設置されたコースで実際にロボットを操作する実技試験と、指定講習終了後、床下診断知識、消費者への提案技術等について問う筆記試験により、認定する。10月24日に第1回認定試験を実施している。

 同協議会は、全国の建材会社や住宅・不動産関連会社に認定資格の運営団体となってもらうことで、同資格の普及を加速させる考え。

広告

投稿者:

km-realestate

不動産の売買・賃貸・仲介・管理・投資・相続・原状回復及びリノベーション提案に至る、総合不動産コンサルティング会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中